2011年03月24日

2011新ネタその1「ライブ+GFLホストのお仕事募集中」

地震前に考えててざくざく進めてた前回日記の内容、
ほぼ固まってさーいくぜ!というときに地震が起こり、
わたわたしてるうちに2週間が経過しておりました。


前の記事でぼんやりしながらつらつら書いてたうちの、
「GFLセッションの前にライブやってそのままホスト」
ってやつをプランとしてきっちりまとめまして、
来月から決まったものを順次開催していく手筈になってます。
しばらくは実験的な形になるかと思いますが、
やってみなくちゃわかんないこともあるってもんよ。


基本的な大筋はこう。

1. 午後7時〜9時のセッション前の時間帯にライブ
2. ライブ終演後、9時くらいからセッション開始
3. バンドさんはライブ後もお店に残り、
 セッションホストとしてセッション参加のお客様と演奏



「仕事」の内容は

「ライブ終了後の9時から始まるGFLセッションで、
その日のホストバンドとして演奏に参加する」

なので、特段なんか仕事っぽいことをするわけではないです。


お仕事的な条件は、

1.
当店主催のセッションGFLのその日のホストバンドとして、
午後11時まではお店に残り、演奏に参加できること。

2.
GFLの基本スタイルである1発系即興セッションに、
十分対応できるだけの楽器の実力があること。

3.
その日のセッションホストとして場を盛り上げ、
積極的に演奏に参加していただけること。


まぁ要するに楽しくセッションで遊んでいってくれ、
ということですねー。仕事意識さえ持っててくれればOK。

出演バンドさんはノルマなし、出演費なしでバンドさんの手出しはなし。
チャージバックは1枚目から500円。
要するに従量制でギャラが出るというわけです。

実はこれまでもライブ後セッションの形は何度かやってて、
オープン直後くらいにGFLの原型となったライブ+セッションをやったのは、
何を隠そうこの私。

その後もちょこちょこそんな形はやってるんですが、
お客様もミュージシャンもわりと均等に楽しめていい感じなのですよ。

で、これをライブの形として定着させてしまおう、
というのが今ご提案させていただいているスタイルでございます。


【バンドさんのメリット・デメリット】

・なにしろ(ワンマン・2マンの)ライブやるのに金がかからない
・さらに(少ないけど)1枚目からチャージバック
・基本ワンマンになるからゲスト入れたりなんかしたりしやすく、
 ライブとしての見かけを変えやすい。てことはお客さんが飽きにくい
・セッションホストっていっても1コードばっかりなので、
 そこまでスキルがなくても大丈夫
・GFLのお客さんに対しての宣伝になるかもしんない


わけのわからん対バンの30分枠とかに何万も払うのも一興ですが、
ライブ&セッションパーティを主催する感じで、
こんな形のライブが2〜3ヶ月に1回くらい入るのとか、どうでしょうか。

対バンに出会いを求めるという意見も聞きますが、
そういう側面も確かにあるし、ありかとは思いますけど、
それは普通にライブをいろいろ見に行けばいいような…?
見に来てくれた恩は一生忘れないのがミュージシャンという生き物です。
対バンするよりは恩着せ力的にも費用的にも有利かと思うのですが・・・

とか、そういうロマンのないこと言ってるから俺もてないんですね。うぐぐ。

デメリットはとくにないような気がしますが、
ノルマ払って出るライブみたいに
動員未達成のペナルティを免罪符に使えない、
というのはひとつ留意すべきポイントかもしれません。
ギャラの出る「お仕事」ですから、
例えば動員が0とか、演奏に参加するのを面倒がるとか、
こちらに十分なメリットがない状態になった場合には、
それ以降は同じ条件ではお仕事を依頼することができません。

そこらでよく見かける、お客さん呼べないのを知っていながら
無闇に多くの本数のライブをやるとか、
そういうのが通用する状況になったのも、
実が、みんなが毛嫌いするノルマという免罪符のおかげなのですが、
それについてはまた別の機会に書いたり。書かなかったり。
(ノルマ制については結構トリックが豊富で勘違いが多い)

あとは、条件的にリズム隊にある程度以上の腕が求められますが、
はっきりいって、音楽活動を積極的にやりたいのであれば、
GFL程度のセッションには十分対応できるべきでしょう。
そうでなければ十分なクオリティの録音作品を残したり、
ライブステージをこなすことも難しいと思います。
それほどにGFLはシンプルです。


【お店のメリット・デメリット】

・「1枚目からバック」なのでライブのお誘いがしやすい
・お誘いが出しやすいので馴染みのない人にも声がかけやすい
・馴染みのない人がうちのセッションを知るきっかけにもなりやすい
・常連のみなさんも新しい人が加わるので新鮮味復活
・ドラムさんが最初からいることでセッションの質がキープできる
・基本ワンマンなのでいろんなことが助かる

基本的にはライブハウスというのは環境と引き換えにお代を貰う、
いってみればカラオケボックスや貸しテニスコートと同じ商売ですので、
場所を貸すにあたりお代を貰わないなんてことはありえません。
牛丼をタダで振舞うようなもんです。
(ノルマ論のトリックにも通じるお話ですが)

そこを、ライブをやってもらって集客してもらい、
その後のセッションにも「いいホストがいるぞ」ってことで
こちらとしてのセッションの集客を手伝ってもらい、
それらを通してうちのGFLセッションの宣伝をしてもらう。
というのと引き換えに場所と環境をお貸しして、
さらに従量制でギャラまで出しちゃおう、ってわけです。

セッションに人がたくさんいて盛り上がれば酒も出ますし、
お店も潤います。
そういった形で、出演者とお店の双方が潤い、
お客様的にも2000円2Dつきで尺長めのライブが見れて、
そのあと出演者さんとおしゃべりする時間も十分あり、
ライブだけではない別の音楽の面も見れたりなんかする、
という3者に3様のメリットのある形になるんでないか、
と考えて内容を練ったものであります。

ジャンル的にはインストバンドをイメージしてましたが、
FUNK、ソウル、レゲエなど、
ダンス要素のあるバンドさんなら歌モノでもいけそうです。
弾き語り系の人はちょっと難しいか・・・
でも、それもこちらでバンドをプロデュースして、
たまーにのバンド形式ライブをワンマン的ライブセッションパーティで、
とかいうのも活動の仕方としていいかもわかりません。

うむ、面白いそうだからなんとかがんばりたいなぁ。
GFLオールスターズでバンドを組み上げて、
だぶじゃずお勧めの弾き語りストのバンドライブをプロデュース、
とか。なんなら音源作ってレコ発ってのもいいかも(w

デメリットは特にないような気がしますが、
まだ実験段階でもあるのでなんか出てくるかもしれない・・・
やりながらさらに内容を練り上げていきたいと思います。



といった感じでございました。
地震前後で結構いろいろ声かけてますが、
基本的には出る側に大きなデメリットのない話ですので、
反応は非常によいです。ありがたいことです。


これを見て興味をもってくれた方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご連絡くださいねー。→ wjazinfo@aol.com

第2弾のマイク一本録音シリーズは、
もうちょっと自粛ムードが落ち着いてから、
なんていっててもしょうがないか・・・(w;;

posted by たー at 21:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早く童貞を捨てたいと思っているあなたにピッタリのサイトが誕生!このサイトで長年守っていたあなたの童貞がついに奪われる!?あなたの童貞卒業を優しくサポートしちゃいます☆
Posted by 童貞 at 2011年08月21日 16:06
ニューハーフに興味がある人はここでチェック!あなたがニューハーフと付き合える可能性がどのくらいあるのかがわかります!自分では気づかなかった隠された性癖を探してみませんか?
Posted by ニューハーフ at 2011年09月06日 03:35
あなたのグリー知識はどのくらい??GREEチェッカーで一発診断!!このサイトは、みんなの「GREE度」をチェックする性格診断サイトです。約3分全部で15個の設問があります。
Posted by グリー at 2011年09月06日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192333735

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。