2010年06月24日

iHola-Trio!のライブアルバムのPV




かなり突貫ですが作りましたー。
見てみて、そしてブログに貼ったりしてくださいまし。


今回の作品は僕のレーベル第1弾ということになっておりますので、
スタッフ1名の弱小としてはこれくらい自分でやらんとね。

cotorecoは基本うちで録ったり作業したりした作品をメインに扱いますが、
今回のはワンマンをまるまるマルチトラックでレコーディングして、
それをMIXしてマスタリングしております。
もちろん作業は全てわたくし。
もっといえば当日のライブPAと証明もわたくし。

一人しかいないっていうのは大変な反面人件費かかんないですが、
今後規模が大きくなったとしたら確実に倒れるので、
うまくやりたいところです。
大きくプラスになるというのも期待していないのが正直なところですが。

cotorecoからリリースするライブ作品の場合、
基本的にアーティストさん側の手出しは一切ありません。
プレスもしないし製作は全部僕がやってますので、
お金がかかるところがないわけです。
もちろんこちらも完全なサービスってわけではなく、

・レコーディングはワンマンライブのみで、
 動員ノルマは20人でございます。
・売り上げの60%をアーティスト、40%をレーベルに。
 (原盤20%+諸経費20%)
・当たり前ですがCDRなどで勝手に販売するのはNGで、
 基本的には配信のみの販売となります。

といった感じでやっております。
お金も人手もないので大きい売り出し方はできません。
そういうのを期待している場合は大手に拾ってもらってください。

配信は発売に伴う負債がないのでリリースのスパンは短くできますし、
cotorecoは自社で借りてるサーバ−にシステム仕込んで販売してますので、
iTMSなどのようにマージンどかんと抜かれることもありません。
その代わりpaypalと銀行に少し抜かれますが、
それもiTMSに比べれば微々たる金額です。

原盤権をアーティストが持ってる作品については、
アーティストへのバックは80%になります。
スタジオ盤などはこの割合です。


今後のリリース予定ですが、
つれづれ食堂、野嶋咲子、スラハイなどなど、
以前に僕が仕事させてもらった作品を配信版としてリリース予定です。
たぶんリマスターだったりおまけつきだったりします。


もしうちで出したい!という方がいましたら、
お店(西荻窪だぶじゃず)までご連絡ください。
年内に100タイトルくらい出せないかなぁ。
さすがに無理か。




posted by たー at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。