2011年01月11日

DI完成

http://humpback-eng.seesaa.net/article/180062623.html

詳しくはこちらー。
ゴマアブラのハヤシくん、よろこんで持って帰りました☆
明日の録音でいい結果出るといいなぁ。
こればっかりはやってみないとわかんないんだよなー。
単純に音源も楽しみだー☆
なんかメリージェーンのカバー入るらしいぞ。うひひ。




posted by たー at 03:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

自分メーカーのサイトを再立ち上げ

ブログだから再立ち上げというほどのことでもないですが。
いつものようにseesaaブログをがしがし改造して作りました☆


HUMP/BACK engineering
http://humpback-eng.seesaa.net/


実はこっそりこんなガレージメーカーをやっていたのです。
一時期は有限会社ラップさんの流通でエフェクタ売ったりしてましたが、
狙いが狭すぎてあんまり売れなかったのと、
同じの何個も作るのに飽きたので、
最近は受注生産で楽器用から録音用まで、
いろんな機材を製作しております。

この名前で始めたのは7〜8年前になりますかしら。
最初は覚えたての電気知識で自分用に作ってたのを、
知り合いのバンドマンに使ってもらって気に入ったら買ってもらって、
みたいなことをやってました。

当時下北沢・渋谷あたりでライブやってたバンドさんたちには、
かなり気に入ってもらえたようで、よく買ってもらってました。

すでに解散したバンドも多いですが、
今もやってて名前が売れてるバンドだと、
髭、アナログフィッシュ、元LOST IN TIMEのえのもっちゃん、
あとBase Ball Bearのしょうやんとか。

プロのプレイヤーの方だと、
以前作ったボリュームペダルを改造したループミキサーを
バカボン鈴木さんにご購入いただいたりとかしてます。


回路はもちろん抵抗、コンデンサ、配線材、半田などなど、
あらゆる要素で音色を追い込んで作っていたので、
音はなかなか良かったと自負しております。
が、ラインミキサーや録音機材などのハイファイ系はともかく、
ギター向けなどの味わい勝負の機材については、
今にして思えば少々頭が固かったですねー。

楽器と腕がそれなり以上によい前提で、
その上で必要なものを考えて作っていたのですが、
エレキギターは数ある楽器の中でも、
最も音色のチューニングが難しい楽器。
そして世の中いい楽器ばかりでも上手い人ばかりでもない。
そのへんのバランス感覚は著しく欠けていたなぁ、
と反省するところは多いです。
今でも音は気に入ってるんですが、
どう聞いても一般向けではないなー、なんて・・・orz


レコーディングでもたくさん経験を積んで、
機材製作の腕も幅も上がった今ならば、
また違ったサウンドデザインが出来るだろう、
と思ってたところに2011年があけました。
せっかくなので形と外向けだけでもリフレッシュ☆


さーがんばろー。


posted by たー at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キューシステムを作ってみた

cuebox2.jpg



昨年末に一念発起した製作した過去最大の大作、
キューシステムでございますー。

・パンとフェーダー付きの8chミキサー
 +ヘッドフォンアンプ2系統
・親機から最大6台の子機へマルチチャンネル信号と、
 プラスマイナス18Vの電源電圧を供給。
・マルチケーブルはD-sub 15pinのビデオケーブル

みたいなー。

親機の写真は載せてませんが、
入力はアンバラのフォーンで、
メインで使ってる828mk2のアナログ出力を突っ込みます。
各出力へのアサインはMOTUのCueMIXで。
D-subとかのマルチコネクタにしなかったので、
どんな機材からでも気軽に信号が入力できます。
ライン信号だけで練習したりする場合とか(あるのか?)、
レコーディング以外の場面でも使えます。

cuebox3.jpg




・ちょっと説明

子機は全部で6台。
メンバー4〜5人+自分、で6台分。
プリ送りで、828mk2のほうは8ch全部使ってますから、
自分用にも1台ないと演奏が聴けません。
たまにメンバー6人てこともありますが、
ヘッドホン出力2個ずつ装備してますので、
上物系の誰かのMIXを聞けばOK(の予定)。

親機に入力した8ch分の信号の定位と音量を、
自由に設定できます。もちろんヘッドホンレベルも装備。
モニターバランスを追い込んでいく際、
パンが振れればそれで済む場面て凄く多いのです。

例えばキーボードさんが

「クリックと自分の音、ドラムはがっつり聞きたい。
 ベースは大き過ぎず小さ過ぎずの絶妙な音量で。
 ギターは少しだけ聴きたいけどほとんどいらない」

なんて場合、
以前のように828mk2のCueMIXでエンジニアが設定すると、
途方もない回数のやり取りをしていくしかありませんが、
手元で演奏者さんご本人が設定できればものの数分で終わります。

市販のキューシステムはパンがないのが多いのですが、
経験上パンは絶対あったほうがいいと感じていたので、
実装することにしました。
おかげで配線が倍大変になったぜ!

ヘッドフォン出力は各2個ずつ装備しているので、
やろうと思えば最大6系統のMIX、12人分のモニターが用意できます。
12個もヘッドフォン持ってないので実際試してませんが、
イヤホンとかも含めてありったけつないだ数時間のランニングでも
一応問題なく動作してたので多分大丈夫でしょう。
でももしそんな仕事が入ったらヒートシンク増やそうかな・・・(w;

マルチケーブル(VGAケーブル流用)で、
8ch分の信号とプラスマイナスの電源も送ってます。
なので子機側には電源はいりません。
ケーブル一本で済むのは超!らくちん。
でもこれ、部屋が狭いから使える芸当でして、
ケーブルが10m超えてくると電圧降下が気になってきます。
もし万が一キューシステムの製作を請け負う場合は、
引き回す広さも十分考慮に入れねばなるまい。
DC9Vで動くsw電源とか内蔵して、
スイッチでケーブルからと内臓電源とを切り替えるようにすれば、
どっちにも対応できるからいいかも。



・部品について

部品は規模が大きくてさすがに普段どおりというわけにもいかず、
子機の抵抗はケチって100本100円のカーボン抵抗。
一応親機の6パラ出力部分はDALEとか使ってます。
コンデンサ関係はそれなりにいつもどおり。MUZEとか。

オペアンプは音量を上げても痛くない音を狙って、
LF353をメインに(FET入力ってのもあって)、
子機のミキサー部分にはOPA2604、
ヘッドフォンアンプにはtexasの5532、にしてみました。

仕上がりは、安い抵抗のせいか気持ちサーノイズありますが、
演奏してしまえば全く気にならないレベルです。
上下はなだらかにロールオフしてますが、
嫌なピーク感のない、聞きつかれしにくい感じの音。
スピード自体は特段遅くはないので、
音量を上げがちな録音時のモニターとしては上々です。
部品代ケチったわりにはすごくまともな音だ。よかった。




といった感じです。
完成後早速レコーディングで使ってみましたが、
大好評でございました。
そしてエンジニアさんも大助かり。
それまで時間かけてやってたモニターミックス調整時間は半分以下に、
人数分用意してたヘッドフォンアンプも要らなくなりました。

あと結構大きいのが、
録音レベルを気楽に大きめに取れるようになりました。
今まではエンジニア側のソフトミキサーでバランスとってたのですが、
入力レベルが大きすぎるとフェーダーがかなり下がってしまい、
マウスでの微調整が非常にやりにくかったのでした。
そんなわけで、ある程度操作しやすいバランスになるように、
そして録音レベルとしても十分なレベルが確保できるように、
ひとつ分余計な事を考えながら録音してたわけです。

これが、モニターMIXを演奏者さんに投げられるようになったので、
こちらで微調整をする必要がなくなり、
録音レベルだけに集中できるようになりました。
個人レベルの録音スタジオでは、これ結構大きいです。


時間的にもサウンド的にも、
キューシステムのおかげで本当に快適になりましたねー。
製作期間1ヶ月、その間3回くらい挫折しかけましたが、
頑張って完成させてよかった。ほんとに。


どんどん使いたいのですが、
年明け以降レコーディングは閑古鳥〜( ̄▽ ̄;
音質はもとより、録音自体も超!快適になっただぶじゃず録音!
ぜひご利用ください☆

あと、キューシステム作って欲しい人は相談してね!
パン付いてるキューシステムなんてそうはないぞー(w



posted by たー at 01:10| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

あけましておめでとうございます

60日以上更新がないと表示されるお知らせが出ちゃったので、
更新してみることにします。あけおめです。

右のとこに表示されておりますついったーのせいで、
ブログに書くことが特になくなりつつある昨今ですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

どーせ誰も見てねぇし、とか思って半年振りにアクセス解析してみたら、
いまだにiRigの製作記事が1日50〜100はヒットしてるようで、
すっかり芽が生えてしぼんだじゃがいもを見つけたような気分です。
いろいろすいません。

今年はいろいろ電子工作やらレーベル業やら、
何かを「つくる」ことを前にもまして推進したいと考えております。
去年末に完成させたキューシステムの製作で、
半田ごて魂に火が付いた格好。
もうどこいったかわかんない自分メーカーのサイトも、
製作記事中心のページとして復活しようかなーとか考え中。

年始はお店もほとんどブッキング入ってないていたらくなので
(出演者随時募集中ですよ)、
iRigもどきその他いろいろ役に立つものを作りたいものです。
無事作れるといいですね。


というわけで2011年(なんだか言いにくいぞ)、
すみっこのほうで気持ちがんばりますのでよろしくです〜m(_ _)m

posted by たー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。