2010年06月26日

ギターをiPhoneに直接繋ぐプリアンプ(iRig的な)の作り方



guitar_to_iphone.jpg

(2011.1.7追記
2011年年明け記念にメーカーブログ立ち上げました。
このiRigもどき製作記事のちょっとだけ改訂版を転載してますので、
新しく来られた方はこちらをご覧いただければと思いますー。
よろしくお願い致しますm(_ _)m
)



先日書いたiPhoneにギターを繋ぐプリアンプの回路図を公開します。
amplitube for iPhoneにギターを接続するためのものです。
メーカーのIK multimediaから「iRig」というインターフェースが出てますが、
これを買うまで待てなかったので作ってしまいました。
「iRig」と同じ機能ではありますが、
iRigは持ってないのでiRigの中身をコピーしたものではありません。
限られた環境で動くように作ったらこうなりました。
iRigもたぶん似たような中身だと思いますけど。

iPhoneのマイク端子にパッシブのギターを直接接続するのは、
インピーダンスが合わないのでちょっと厳しい感じです。
(アクティブならいきなり突っ込んでも大丈夫かも)
このプリアンプを間に挟むことで、
インピーダンス変換+バッファした信号を入力できます。
電源はiPhoneの電源を使用しますので電池もアダプタも要りません。


自分用に設計した非常に適当なものですので、
いろいろ突っ込みたくなるところもあるかと思いますが、
まぁそこは動けばいいってことでご容赦くださいませ。

(2010.6.28追記)
amplitubeをiPhoneをコンセントから充電しながら使用しますと、
電源からのノイズを食らうことがあるようです。
使うエフェクタの数にもよるでしょうが、
フル充電なら2時間くらいは余裕でいけそう。
それ以上の長時間になる場合は使うときだけ充電しないとか、
電池式のバッテリーパックなどを併用するとよさそうです。


--------------------------------------------------

さて、中身の解説です。


内容は語るほどのこともないほどシンプルな、
FET2つだけのインピーダンス変換機です。

iPhoneのマイク端子(4極プラグの根っこの端子)には、
エレクトレットコンデンサーマイクなどを動作させるためと思われる
1.7Vのバイアスがかかってます。
このバイアス電圧を電源にしてFETを動作させます。

電源が1.7Vとかなり小さいので、
安易に0バイアスで動かそうとしたらちょと動作が怪しかったので、
入力に電源を半分に分圧したバイアスをかけてます。
入力に入ってるコンデンサでバイアスをカット。
ジャックからのギター信号を初段のFETに入力して、
その出力をそのまま2段目に突っ込んでます。
1段だけでいけるかと思ったのですが、
信号が不安定だったので2段にしたら安定したので採用。


入力ゲインは、
amplitubeにはレベルメーターがなく入力レベルがわからないので、
ピーターソンのストロボチューナーアプリのメーターで調べました。
自分の普段使ってるパッシブのギターですと、
弦を6本ばーんと鳴らしたときにメーターの赤(1番上)が
点灯するくらいのレベルだそうです。
ピーターソンがオーバーしてないって言うんだからOKでしょう。

信号レベルも十分ですし、入力でクリップするとよくないので、
ゲインの増幅は特に行わないことにしました。
最初はしてたんですが、シングルコイルでも十分な音量が出てるのと、
ベースつないだらばっちり歪んだのでやめました。。。



回路図の一番右側の、
iPhoneへの出力に入っているバイポーラのコンデンサで、
iPhoneからの電圧をブロックしています。
今回は手持ちのMUSEのバイポーラ 47uを使いました。
両極なら銘柄はなんでもいいと思いますが、
iPhone側のインピーダンスがかなり小さいようなので、
低域を確保するには容量が大き目のほうがいいかと思います。

使用したFETは2SK170のGRランク。
手持ちと好みでセレクトしておりますので、
2SK30Aとかでもいいと思います。
10uのコンデンサはタンタルです。
サイズの都合もありますが、弦物にはいい仕事します。
抵抗はDALEですが、なんでもお好みでどうぞ。

アプリ側のサウンド処理がかなり激しいので、
部品ごとの音はあんまり出てこないような気もします。
でもアンプのゲインを上げてくとノイズがかなり増してくるので、
ノイズを減らす意味では質のいい部品を使うとよいでしょう。


一応実装図?も載せておきました。
ギターを入力するスイッチクラフトのボックスジャックに、
横幅を合わせたらこういう窮屈な配置になりました。
このまんま作って基盤をぎりぎりで切り落とせば、
ボックスジャックに一体化した感じのプリアンプになります。
外付けのブレイクアウトボックス的に製作する場合は、
ケースはジャックが収まれば自由に選べますから、
ここまでぎちぎちにする必要はありません。
適当に配置しなおして製作してください。


本家のiRigは出力端子がステレオミニだけですが、
アンプに接続することを考えると、
同時にフォーンのアウトもあると便利かと思います。
iPhone版amplitubeのプロセッシングは全てモノラルで、
フィードバックを抑えるモードの際には、
左右を逆相にしてセンター低位のゲインを押さえる仕様の模様。
つまりは出てくる信号自体はどんな設定だろうと左右とも同じなので、
右か左の出力端子にフォーンジャックを接続すれば、
問題なく使えるということになります。

ヘッドフォンでの使用も出来たほうが当然いいと思うので、
右か左の出力端子をスイッチ付きフォーンジャックにつなぎ、
フォーンが刺さってないときはステレオミニになるように
結線しとけばばっちりです。
これなら変換プラグを持ち歩く手間もありません。


最後にiPhoneに接続する4極ミニプラグ(ステレオミニの端子がひとつ多いやつ)の
端子配置について説明します。
各端子の機能は先端から順に、

・左チャンネルのヘッドフォン出力
・右チャンネルのヘッドフォン出力
・アース
・マイク入力

となってます。
4極ミニプラグは秋葉原の電子部品屋(千石電商とか)で買えます。
プラグ本体が小さいのではんだ付けが少々難しいですが、
失敗してもいいように何個か買っておけば大丈夫でしょう。
ケーブルは3芯シールドの細いのをトモカとかラジオストア入り口とかで。
あんまり太いとiPhoneのジャックに負担がかかるので、
細くて軽いものがお勧めです。


-------------------------------------------

といったところでしょうか。
製作は難しくないので自作の練習にもいいですね。


製作に関するご質問などにはお答えしかねますが、
致命的な間違いのご指摘は歓迎です。
もしどうしても聞きたいことがある場合には(ないと思いますが)、
僕は西荻窪だぶじゃずにわりといつでもいますので、
セッションの日にでも来ていただけたら軽く説明できます。
事前にご連絡いただければ確実です。
ついでにセッションで遊んでいっていただければ(^^



部品点数もほとんどないですし、
よーく確認しながら作ればまず一発で動くと思います。
完成したらamplitubeをお楽しみください☆
かなりいい出来のアプリですよー♪




posted by たー at 17:07| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

iHola-Trio!のライブアルバムのPV




かなり突貫ですが作りましたー。
見てみて、そしてブログに貼ったりしてくださいまし。


今回の作品は僕のレーベル第1弾ということになっておりますので、
スタッフ1名の弱小としてはこれくらい自分でやらんとね。

cotorecoは基本うちで録ったり作業したりした作品をメインに扱いますが、
今回のはワンマンをまるまるマルチトラックでレコーディングして、
それをMIXしてマスタリングしております。
もちろん作業は全てわたくし。
もっといえば当日のライブPAと証明もわたくし。

一人しかいないっていうのは大変な反面人件費かかんないですが、
今後規模が大きくなったとしたら確実に倒れるので、
うまくやりたいところです。
大きくプラスになるというのも期待していないのが正直なところですが。

cotorecoからリリースするライブ作品の場合、
基本的にアーティストさん側の手出しは一切ありません。
プレスもしないし製作は全部僕がやってますので、
お金がかかるところがないわけです。
もちろんこちらも完全なサービスってわけではなく、

・レコーディングはワンマンライブのみで、
 動員ノルマは20人でございます。
・売り上げの60%をアーティスト、40%をレーベルに。
 (原盤20%+諸経費20%)
・当たり前ですがCDRなどで勝手に販売するのはNGで、
 基本的には配信のみの販売となります。

といった感じでやっております。
お金も人手もないので大きい売り出し方はできません。
そういうのを期待している場合は大手に拾ってもらってください。

配信は発売に伴う負債がないのでリリースのスパンは短くできますし、
cotorecoは自社で借りてるサーバ−にシステム仕込んで販売してますので、
iTMSなどのようにマージンどかんと抜かれることもありません。
その代わりpaypalと銀行に少し抜かれますが、
それもiTMSに比べれば微々たる金額です。

原盤権をアーティストが持ってる作品については、
アーティストへのバックは80%になります。
スタジオ盤などはこの割合です。


今後のリリース予定ですが、
つれづれ食堂、野嶋咲子、スラハイなどなど、
以前に僕が仕事させてもらった作品を配信版としてリリース予定です。
たぶんリマスターだったりおまけつきだったりします。


もしうちで出したい!という方がいましたら、
お店(西荻窪だぶじゃず)までご連絡ください。
年内に100タイトルくらい出せないかなぁ。
さすがに無理か。




posted by たー at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

amplitube iRigを作ってみた

IMG_0469.jpg


----------------------------------------------
追記:
こちらの記事もご覧くださいまし。
iRig的な機能のプリアンプの作り方を公開しました。
----------------------------------------------


iPhoneのアプリとして、
IK multimediaのギターアンプシミュレーたーのamplitubeが、
iPhoneアプリとして出たのです。
こいつはPCでも愛用中のプラグインで、
ギターだけでなくmixのときの隠し球として大活躍。

iPhone版はどんなもんかとFree板を落としてみたものの、
ギターの入力の仕方がわからない。
マイク端子に突っ込めばよいのかと思ってケーブルを自作し、
つないでみたけど音でない。
ミキサー経由でつないでみたらちゃんと使えたので、
プリアンプ的なものが必要ってことらしい。
iRigという接続用のインターフェースがあとからでるらしいんだけど、
わりと高いので作ってしまおうと決断しました。

で、制作したものが写真のやつ。
iRigはスマート&コンパクトにまとまってますが、
自作だと表面実装の基盤使えないからどうしてもちょっと大きくなる。
今回はケース買いに行く時間も精神力もなかったので、
いかにも手作りな無骨なルックスになりました。
いいんだ俺しか使わないし。

iRigのホンモノは手元にないので中身がどうなってるか不明ですが、
自作したものは中身はシンプルなFET二石のアンプです。
マイク端子から来てる1.7Vのバイアス電圧を電源にしてるので、
外部電源は必要なし。
銅箔で無理矢理シールドしたらノイズも結構減りました。
でも結局、iPhone内部はノイズの嵐なので、
シングルコイルは結構ノイズ激しいですね。
ハムバッカーやノイズキャンセルシングルコイルだと静かなので、
これはもうある程度あきらめるしかないのかなぁ。
本家iRigとノイズの量を比べてみたいものです。
もし買った人がいらっしゃいましたらぜひ。


自作iRig、自宅と店で使ってみましたが十分に遊べます。
そんなこんなでアプリ本体であるiPhone版amplitubeのレビュー。

レイテンシーは少ないし音も悪くないし操作も簡単、
さらにオーディオプレイヤー(ループ付き)とかチューナーとか、
メトロノームとか装備してて、基本の使い勝手の面では特に不満なし。
家練習やちょいスタジオはこれで十分でしょう。
さよならマルチエフェクター。

でもプリセットごとのマスターボリューム的なものはほしいかも。
出力にリミッターがかんでる風な挙動で、
例えばディレイを深くかけてぎゅいーんと音を伸ばすと、
ディレイ音がぐぐっと小さくなったりします。
なので出力の音量はわりと揃うのですが、
逆に言えば音量を変化させたいときにそれができないので、
マスターレベル的なパラメータがあればなぁ、とは思います。

しかしサウンドはさすがというか、
下手なマルチやシミュレータの3倍いい感じ。
当分遊べそう。

さーたまってる仕事しなくっちゃァァァ!!
この忙しいのになにやってんだ俺は。
そんなに時間使ってないから許して。


----
posted by たー at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

iHola-Trio! ライブ音源配信開始〜

実はこっそりと進めておりました。配信販売事業。

だぶじゃずから発信する音楽レーベルを作る構想は、
オープン当初からあるにはあったんですが、
盤作ってそれ売って、というスタイルには五年前から難しさを感じてお
り。
手売り出来るバンドさんとかはまだいいとして、
レーベルとして制作した物の販売に責任持たなきゃいけないとなると、
うち程度の資金力では不動在庫の山を抱えるのが関の山。

ということは在庫持たなくて済む配信しか選択肢はないわけですが、
これがまた五年前はハードルが高かった。
カード決済→IDとパスワード発行→ダウンロードエリアに入って
DL、
という形にしないとファイルの所在がバレたらそれまで。
で、こういうシステムを導入しようとすると初期で数十万、
ランニングで月に二〜三万、
決済ごとに7〜10%とられるようなのしかありませんでした
ねー。
散々ネット決済会社当たりましたけど。

そんなこんなでくすぶり続けていたのですが、
半年ほど前に安価で有用なスクリプトを発見し、
これならいける!と構想を練り直したりなんかして、

「ライブをマルチトラック録音して直販ていうのは面白いし、
いろんな意味で音楽的ではないだろうか」

というアイデアにたどり着いたのでした。
たどり着いたというか、
要するにPHISHがやってたことを小箱の環境を活かしてやろう、
ということですね。
やってること自体はなーんも新しくないですが、
このクオリティと速度でライブ音源を配信できる、
という環境はいまだ一般的でないですし、
利用価値のある話かと思います。

アーティストさんとのバランス的にもなかなかよい感じで、
アーティストさんにとってはワンマンライブに二十人呼べば、
一切持ち出しなく音源が制作・発表できる。
僕にとってはブッキングは埋まるし商品増やせるし、
箱としての個性も打ち出せる。
上がりの配分はアーティスト6、
原盤2(製作費出した人分)、
諸経費2(サーバー、決済手数料などなど)。
うち製作の音源でなく、
製作費を自前で出した音源の場合は原盤分もアーティストさんにいきま
す。
過去にうちで製作した音源のリマスターとかがこの形になります。

もちろん、ライブ音源だけでなくてスタジオ音源もリリースしたいと考え
てます。
この場合もうちで音源を製作し(制作費用を全て負担し)、
それを配信する形になります。
とりあえず商品ラインナップは増やしたいので、
出来るだけちゃかちゃか作りたいけど、
いろいろバランスが難しいのでちゃんと考えないとなー。


長くなってきたのでそろそろ宣伝。
作りかけ感のある配信サイトはこちら。

http://cotoreco.com/

オラトリオの音源の場所ですが、
いまのところ一つしかないので迷うことはないでしょう。
贔屓目を考慮してもよい音源です。
音楽のマジックを感じられると思います。
ちなみに、
演奏についてのエディットは完全に全く一切行ってません。
素晴らしい演奏!


というわけで視聴用の音源をお楽しみにー☆
内容は保証するので勢いで買っても損はさせないよ☆
posted by たー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記的人生観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。